読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中山連峰・北摂大峰山トレイルラン

中山連峰・北摂大峰山トレイルランの大会にラン友と行ってきました♪


f:id:yuzuki-seraby:20170416220233j:image

今回で二回目、前回は秋におこなわれていて年に二回開催されます。

暑い! 

朝からいい天気で集合場所の駅に着いて外に出ると日差しは初夏並にあり、かなり気温が高くキツい予感。
これはお肌悪いですね~(笑)

100%日焼け決定ですね。

日差しはあるのでサングラス必須ですよ(≧▽≦)
日焼け止め、サングラス等、なにもしてませんが!

集合してゼッケンをもらい友達の到着を待つ、しばらくして友達も到着して用意万端で主宰者からの挨拶、説明を受けいざスタート!

私達は最後尾グループでのウエーブスタート

 

スタート!

リストバンド型のチップをスタート台にあるセンサーにかざしてからスタート

はじめのうちはゆっくり楽しみながら写真を撮って走ってました。


f:id:yuzuki-seraby:20170416221645j:image

大きな石門をくぐり抜け狭い道幅のハイキングコースを登って行きます。

こんな感じでしばらくは隊列走行で走ります。

今回はゆっくり楽しむ予定でしたが今回のスタートグループ

がサブ5以内の人が多く初心者もかなりいたので前は大渋滞

それに加えて天気も良くハイカーの数が多いことσ(^_^;

後半までハイカーにいっぱい捕まりました♪


f:id:yuzuki-seraby:20170416222544j:image

こんな岩場を登りしばらく進むとこのトレランのメイン

もっとおおきな岩の壁を登っていきます。

 

ずっと登って上に来るとこんな眺望が見れます。

綺麗に晴れていれば神戸から生駒の方まで見えることができるみたい。

この辺りまでは4日前に走った60kmの疲れが残っていたので

今回はゆっくり写真でも撮りながら楽しんで走ろうと思って

前半はスローペースで写真を撮りながら景色を楽しんで

登りをひたすら上りました。

ともっていたのですが

半分の距離にチエックポイントがありひと休憩していきなりの

急な登り今日はやっぱり足にくるわ~と思いゆっくりといこう

と登り切りちょっとした下りに入るとウォーミングアップが

できたからか身体が軽くなりペースアップ!

次第に感覚が冴えてきてダウンヒルが楽しくなってきました。

アップダウンが多少あったもののペースがどんどん上がり

今回はコケることもなく、結構な人数の人を抜かすことが

でき、本気のトレランスタイルの人に道を譲ってもらった時は

すごいうれしくペースもさらに上がりました。

そして最後のダウンヒル(これが一番急で難しい)を下ると

ゴールの武田尾廃線跡に降り真っ暗なトンネルを二つくぐると

ゴール!

の結果、前回のタイムより13分早くゴールできました♪

二人ともPB更新。


終わった後のエイドでオニギリ、パン、コーラを貰いました。

でも最高なのはこの日の暑さで珍しくいっぱいの汗をかいて

喉がカラカラの状態で一番嬉しいビールがこの大会では

貰えます。

めっちゃうまい!

 

また秋も出るかな。

初めての親子ラン?

初めて 

平日なかなか走れないので週末にまとめて走るようにはしているが

今週は雨が続き、土曜日は会社でやっているバスケットをする予定

でしたが、長女とバスケ部のお友達と三人でB Leargeの試合を

見に行きました。

お友達のお母さんが美容院をやっておりそのお客さんからチケットを

頂いたので行くことに、よく見に行くのですが今回は駐車場も

関係者駐車場に止めれてそこそこの席に座れる。

でも、子供二人だけで私は自腹でチケットを買わなければらない。

さらに予約でチケットをとったと思ったら最近なのかわからないが

カード落としができなくてコンビニ払い、期限があることを忘れ

キャンセルになっていた。

行った試合は

大阪エベッサ VS 京都ハンナリーズ

の試合を見に行ってきました。

しかし、いつも私達が行くとゲーム内容は散々でいいプレーが

ほとんどなくいい感じで帰ったことはないのです。

今回も初めから押されムードで試合の最後まで10点差が縮まらず

今回も負けてしまいました。

気持ちよく大阪エベッサが勝利して帰れるときは来るのだろうか?

その翌日

長女はバスケの倶楽部があり不在、嫁もどこかに行きなさった。

次女と二人でお留守番していましたがその日は雨と思っていたので

おうちで一日を過ごすと思っていたのですが。

天気予報が晴れになっているではないですか!

これは平日走っていないので行くしかない!

でも次女を一人家に残して走りに行けるようなアホな親ではないので

次女に自転車乗りにいかない?と聞いてみるとすんなりOK。

でも走るとなると10kmは最低でも走りたいのですが、

低学年の次女がはたして自転車で10km走り切れるのか?と

思いながらも、着替えて出発しました。

ダダをこねたらそこで引き返そうと思ってとりあえず出発

意外と

はじめのうちは足が痛いだの疲れただの言ってましたがそのうち

楽しくなってきて先導してくれるようになり、順調に走って

行けました。

途中坂道がきつい部分もありましたが意外と頑張って立ち漕ぎで

ぐんぐん登って行ってくれました。

途中桜が満開の道がありふたりで綺麗やね~と話したりして折り返しまで

きました。すごい!

週末一気に気温が上がり一斉に桜が満開になりました。

でも雨続きで花見もままならないようですが、桜の写真は

撮りに行きたいですね。

後半は次女とお話ししながら走りました。この辺りは

篠山ABCマラソンの対策でダラダラと3km登る練習コースの為

電気でもない自転車はかなりつらい坂道、走っている方も

かなりしんどいので心拍数は急上昇していきます。

そこでもなかなか弱音を吐かない次女は大きくなったな~と

心の中でちょっと感動しておりました。

途中で音を上げると思っていたのが最後まで走り切り10kmを完走して

次女は満足げでした。

ご褒美にコンビニでおやつを買ってあげましたがこの時が一番の笑顔でした(笑)

また行けるといいな、一人で走るのもいいけど二人で走るのも楽しくて

よかったな。でもペースはバラバラでしたがね。

 

京都トレイルランニング

神戸マラソンの申し込みですね

 今日から神戸マラソンの申し込みが始まりました。

去年は初めて枠、普通枠があったにもかかわらず両方共

外れてしまいました。今年は当たりますように。

 

去年トレラン初体験の日

去年の今頃マラソン友達の子に京都へトレラン行きませんか?

とのお誘いを受け詳しく知らなかったのですが楽しそうなので

快諾しました。

もともと山で走り回るのは昔からしていたし好きだった。

この歳で山を走ることはできるか正直不安で迷いましたが

友達が楽しそうに話してくれたおかげで、心の壁は低くなりました。

京都の貴船辺りまで二両編成のワンマン電車で向かい

 二ノ瀬という駅で降りそこから山に入っていきます。

初めての体験なのであまり記憶がなくどんなコースで走ったか

あまり覚えていませんでした。

初めてということもあり緊張からかあまり足痛にもならずなのか

コース的に緩かったのかはわかりませんが思った以上に走ることが

出来ました。

途中休憩を挟みながら山を登り慣れない山道を走り、下って行ったり

ロードにはない楽しみがたくさんありました。

個人的にはロードより楽しいかも(笑)

登り切り下っていく際慣れてきたところで岩があり下りの道を

走り抜けましたが思うように足をコントロールできず膝上に

だるさを後半感じてきました。かなり後傾姿勢だったからなのか

膝上がかなりダメージを受けて踏ん張りが効きずらく失速して

遅くなりました。

こんな映画みたいな木の間を走り抜けていきました。

午前中から走り始めお昼になろうとするぐらいに丁度

道路にぶつかりしばらく道沿いをとおり下っていくと

お昼ご飯に予定してたハンバーグがおいしい山小屋に

到着し疲れを開放しながら満喫して再び下山

www.yamanoie-hasegawa.com

 

花見ラン

今年も花見ラン

今年も天神橋筋六丁目から淀川方面に向かい毛馬こうもんで

Uターンし大川沿いを南下

そこには去年満開の桜が咲き誇っていたのが今年は見事に

つぼみ・・・

先走った少しの桜だけちょぼんと咲いてました。

近くで撮ると周りにはもっと咲いているように見えるけど

この塊くらいのがちらほらでした。

丁度しずくもありましたがみんな先に移動しようとしていたので

マクロ撮影は出来ませんでした。

しずくの中に桜を入れて撮影したらいいのが撮れたかも、

今度やってみよ♪

f:id:yuzuki-seraby:20170403230646j:plain

先に進み川沿いをゆっくりと走っていると

途中、高い壁であまりわからないけど大阪拘置所なんかあったり、

その近所には母校の都島工業高校がありを左に眺めながら

つぼみの桜がずっとつづいている。

今年は桜の開花時期がかなり遅くこの日は風もそこそこあり

肌寒い状態でした。それなのに暖かくなるとおもいウインドブレーカー

の下は半そででいたためかなり寒かった。

ずっとつぼみ・・・

 少しくらいは咲いていると少し期待しつつ走っていましたが

一向に咲き誇っている桜はありませんでした。

 ちらほらの中、学生がボートの練習をしている風景をぼかして

桜のバックに入れて撮影

もうちょっとボートが見えるようにF値を上げてもよかったかな。

逆にボートに焦点を合わせて桜をぼかしてみた、この写真も

桜をぼかしすぎたようでなんだかわからない。

桜も少なくてボケると何かわからないけどF値の調整をもっと

覚えなくてはいけないですね。

 

枝の先にぽつりと咲いた桜を遠目から狙いバックを玉ボケに

したかったけど綺麗に玉にはならず変形した玉になったけど

 この遠近感は自分の中では気に入っている。

公園内をゆっくり走っていると公園に車高の高いバスらしき

乗り物が止まっていて窓は解放、先頭にはバスガイド?の

ような関西のおばちゃんがノリツッコミで面白おかしく

案内をしていた。

もしや、これは!

水陸両用観光バスでめぐる水都大阪の旅ができるやつですやん。

丁度出発の時刻に遭遇できたので着水する目の前から撮影

決定的な瞬間を撮るために連写モードに変更して入水時に

水飛沫が上がる瞬間を押さえました。

川に入ってしまうとほとんど背が高い船にしか見えません。

なぜかこの後ずっと左前に若干傾いたまま川を進んでいきました。

去年との比較

明るさが違いますが晴天と曇り空でははっきりと差がでますね。

それに去年は満開で今年はつぼみ雲泥の差です。

来年は満開で撮影したいですね、こればっかりは運です。

 

同じ日に

花見ランが終わり近くのスーパー銭湯で入浴し(私はある理由で

入浴拒否され入れませんでしたが)大衆食堂でお昼ご飯を食べて

解散。その後諸事情により一度家に帰った後再びカメラを手に

大阪城へ来ました。

丁度夕暮れの時間でしたが場内は桜を求めて?きた学生団体や

桜と大阪城を見学に来た中国人の超団体がいましたが、あいにくの

こちらも2分咲きでした。

学生たちはAir花見をしながらお酒で盛り上がり、その中をブラブラ

散歩がてら歩いて被写体を探していました。

どこかで見た尊敬する写真をイメージして撮ってみました。

これに枝垂れ桜が城壁から垂れるように咲いていたらカッコイイ

写真になったんだろうとAirしながら撮影。

魚眼アタッチメントを装着してワイドで歪のある写真にしてみました。

夕暮れ色のたたずむ大阪城が雰囲気を出しているとおもって

撮った一枚。寂しさがあるようなないような。

やっぱり最後はこれかな

どうしてもこういうのに憧れがあるので撮ってしまいます。

若いっていいですね(笑)


 

週末ラン

平日は

最近仕事でなかなか平日に走れないので週末か金曜の夜

定時に仕事を終了して帰宅後、軽く走りに行く

今回も体調はあまりよくないけど軽く10kmを

走ってきました。

 

 はじめはアキレス腱炎が完全に完治していないので軽く流す程度

で走るつもりなんだけど、後半だんだんと体が温まっていき

足取りが軽くなってくるとペースがどんどん上がっていってしまう。

この調子がフルとかでペースを乱す原因になってしまうのはわかって

いるんだけどついつい上げてしまう。

 今回も案の定ペースはどんどん上がり後半にスピードが乗りやすい

コースがありそこに来るとキロ最速を出したくなりオーバーペースに

なっていく、そしてでたタイムが4.07と初めて4分1ケタ台がでた。

嬉しいものの出した後はボロボロで5分中盤に逆戻り

 

でもそこそこ走れたので次回のトレラン、大阪城ナイトランに向けて

いい調整ができているともいます。

バスケの体力もついてきたかな?

継続できるようにかんばっていきたいと思います。

 

#ランニング#マラソン#最速#バスケ#トレラン#大阪城ナイトラン

新しいランニングバック

 この間の篠山ABCマラソンでサブ4をギリギリ達成して次の目標は

フル以上のウルトラマラソンを完走できるように長い距離を怪我なく

走れるように今後も練習していかないといけない。

朝は最近起きれず仕事の都合上夜はなかなか走る機会がないのでそれなら

会社から家までの7kmの短い距離をちょっと遠回りして走って帰れば

練習できるかもと思って帰るときに着替えなどを入れるので今持っている

ランニングバックは小さくて入らないので新たにランニングバックが

欲しくて探していた。

有名なメーカーのバックはお小遣いで買える範囲を超えているため

安くて高機能のバックを探していました。

探した結果

まずは値段が安いものを探しその中から収納性、使いやすさ、ホールド感

を体感はできないけどYoutubeなんかで紹介されているのでそれを信じて

値段を中心に考えて決定しました。

それは

NatureHikeというメーカーの中華製バックなんですが作りはしっかり

していて初めの印象はいいと思います。

全体像はこちら

全体的に自分のイメージとそれほど外れていないので購入をかんがえました、

色も好きな青系。そして収納は

 トップにはスマホとか小銭入れ、ポイントカードなんかを収納する

のに最適な大きさで深さも深くなく浅くもなくちょうどいいサイズ

後ろにはタオルや財布、鍵を入れておくにはちょうどいい大きさの

浅めの収納がありすぐに取り出せる感じでいいと思います。

メインの収納は約15~20ℓの容量を持ち普通上からの取り出しですが

NatureHikeはサイドにジッパーがついており取り出し、見やすさが

上に比べて全体が見渡せていいと思います。唯一心配はジッパーが

下ギリギリまで降りる為内容物が落ちる懸念があります。

それさえなければいいんですけどね。

肩ベルトは多重構造で通気性に優れていそう、何もなしで背負った

感じだと体にフィットする感じではあるが今まで使っていた

BodyMakerのランニングバックは縦に長くフィット感はあまり

ない感じではあるがちょっとしたトレランにはちょうどいい容量

で使い勝手はよかった。

胸ベルトは上下に移動して調整ができる。そこにはオレンジ色の

ものが装備されており何かと思ったらホイッスルでした。

最近トレランの練習で山に入り、下りを下っていると大転倒して

岩に激突、しばらく動けなかったときにもしこのまま動けなかったら

助けを呼ばなければならない。そんな時このホイッスルがあったら

まだましなのかな、と思いました。

 このランニングバックはメインはロードバイク用の為バックの

下部分からネットが出てきて自転車用のヘルメットを留めて

上部で引っ掛けて止めておくことができる。

私はバスケットボールが留めれた♪

これからトレラン、ロング走等で使用していきたいと思います。

 

 

トレラン出場のための練習

今日は

 仕事がすごい谷間で朝から暇しておりました。

篠山ABCマラソンが終わり風邪を引き咳が止まらず

メンタル的にも弱り走るのを少し遠ざけてきた。

まあ、左足のアキレス腱が痛かったのもあり休養の為

二週間我慢して走らないようにしていた。

しかし、それはちょっとあかん!と思い。

暇なら昼から休みを取って走りにいくぞ!と、

上司には家庭の事情でお休みしますとは言いましたけど(笑)

昼から

すぐに家に帰りトレランの装備をしていざ出発!

と言いたいとこですが、今日は祝日で長女がバスケの練習試合が

少し離れたところですが、トレランの山に入るところの近くで

練習試合をしているのを知っていたのでまずはそこまでロードを

5km走って試合会場へ到着。(15時過ぎ)

 一試合目は見れなかったもののその後10分のインターバルを挟み

次の試合へ

長女がフル出場しておりました。がチーム全体的にドリブルミス

、イージーシュートがことごとく落とす。

オフェンスでフィジカルなシュートは当たり負けせず当たられても

体制を維持しそのままファールをもらいつつシュートも決めるのが

理想。

と思いつつこのまま次の試合を見ていると日が落ちてしまうので

試合会場を後にして山に向かうとする。

山に行く

 会場から山に入るところまで約3kmの坂道を登りながら進んでいく

が結構足に来てるね~

山道に入る

ラン友に連れられて二回ほどこのコースは走ったことがあるが

一人で走ったことないので若干道がちゃんとわかるか不安の中

水とコーラグミをもって入山

 しばらく一本道を登り、歩いたり走ったりで旧参道と

古参道の分かれ道でいつもの旧参道の方に進路をとり

進んでいきました。

どちらに行っても同じところにつながるんですけどね。

旧参道は上のような景色が広がって眺めがいいんです!

合流してさらに進むと表示のない分岐が出てくるのですが

いつもはこの道を知っている友達が先導してくれているので

迷わずに進めるのだけど今回は一人で進むため分岐に差し

掛かると

ん?

左と右どっちだったか忘れた。

方向的には左なんだけど道があまり人が通った感じではない

とりあえず少し進むが見覚えのない感じで引き返しました。

右に進むとしっかりした道で正解でした。 

しばらく道沿いに進むとあってました。途中の看板にもうすぐ

中間地点の勝尾寺に到着できるようです。

ここまではそこまできつい道ではなかったので足に負担はあまり

感じず余裕をもって走ったり、歩いたりできました。

そして勝尾寺の到着直前に下りの石段が続いています。

そこを少しスピードを上げながら降りていき中間地点に到着

勝尾寺でカメラマン

 到着すると今までの山道から抜けて綺麗な敷地の勝尾寺

門前に出る。

そこで毎回ですがここはダルマが有名でいたるところに

ミニダルマが鎮座している。それをいつも撮ってます。

 どうでしょう?

こんなとこです。

www.katsuo-ji-temple.or.jp

出発!

 ゆっくりしていると日が落ちてしまうのですぐに出発しました。

勝尾寺の門前から道路沿いを数百メートル降りたところに

勝尾寺園地というところの駐車場がある。

自然研究路8号線に入り

ここからかなりの難所300段はある階段を山の斜面に沿って

登っていく、それがまた中途半端な幅なので右足でのぼったら

次の段も右足で上るのでずっと同じ足を使うことになり

片足に負担がかなりかかる。

 

微妙に広いでしょ?山道は晴れている日はいいのだけど

雨の後や湿っている山道は足が取られやすく滑りやすい

いつも以上に足への負担がかかる。

 

 膝に負担がかかるのでサポーターはしておくと少し楽に坂道が登れる。

 

登りきると

 

 

開成皇子の墓があり詳しいことはわかりませんが奈良時代

僧侶でお父さんは光仁天皇摂津国勝尾寺の開基(寺院を

作った人)だそうです。

開成 (僧) - Wikipedia

墓の横を迂回する形で東海自然歩道が続いているので道なりに

進んでいく、ここからはほとんどきつい登りはなく箕面の滝

向かって下っていくダウンヒル的なコースになっていく。

ちょっと動画も

 比較的走りやすいコースなのでスマホを片手に動画を撮りながら

下ってみた。ここは動画ははれないのかな?

いい感じに下っている感が出ているのですが残念!

途中出っ張った土管のようなものがありいつもは通り過ぎる

ところを今回は上から見てみると

大阪の上空から見た感じのジオラマ?的な地図が上に乗っていた。

なぜここに置かれているかは全く分かりません。

調子に乗って

さらに下っていくとそんなに難しいコースでもないところで

また動画撮影をしながら降りていた。

調子に乗って少しスピードが上がったがそのまま進んでいると

少しオーバーペースになったと思ったら体が前のめりになり

運動会のお父さん状態で足は後ろに置いてけぼり、立て直そうと

頑張るもスローモーションで崩れていく。

どう転倒したかは全然記憶にないのですが体の右半分肩から

膝までを思いっ切り岩に強打!してしまい吹っ飛んで

止まった。

吹っ飛んだ直後スマホと頭は自然とかばっていたようで

手首と肩を負傷していました。

これが転倒直後なぜか動画は衝撃映像のように最後切れて

止まり、頭パニックでこんな写真を撮ってました。

なんで撮影したかわからない自分がわらけてきました。

しばらく動けずこの状態でしたがこのままでは動けなくなって

しまう気がしたので無理やり根性で立ち上がりゆっくりと

おりはじめました。

痛みはあるものの打撲だけで降りることができ痛みも

走っているからか多少ましに感じ滝まで降りれました。

 

 こんな落ち葉が積りそこそこの勾配はブレーキをかけると滑ってしまい

逆にスピードを上げるとオーバーペースになってしまう。

普通でも大変な下りは負傷した体には結構こたえました。

滝でマイナスイオンを浴びカップルに写真を撮らされそうだったので

そそくさと滝道を降りていきました。

案の定

家に着くと緊張感が無くなり急に痛みが出てきました。

左手は上がらない状態で手首付近からは血が出てた。

山に入るときは誰かに行くことを連絡しといた方がいいですね、

今回大転倒でもし動けなくなり助けが呼べなかったらどうなって

いたんだろうと少し反省。

一人の時は余裕を持って安全に進むべきでした。

途中ランウォッチを止めたまま走っていたので実測がずれてる。

7kmから8km、9kmから10kmがめっちゃ長い(笑)